ロゴ提案

多種多様なニーズに応えるべく
ロゴマークとして
まず認知される事を第一とし、
更にそこに面白味をプラスさせる事で
より印象に残るデザインを意識。

制作メンバー

  1. アートディレクター/グラフィックデザイナー
    駒谷潤

PAGE TOP